田舎暮らしについて

田舎の賃貸物件は安いです。
僕は関東南部に住んでいたのだが、最近関東北部に引越しました。
アパートの家賃の相場を見ると、30パーセントくらい安いです。
もし東京と比べるなら半分くらい安いのではないですか。
その分不便なことも多いです。
デパートは電車に乗らなければいけません。
やはり田舎暮らしには、車やバイクは必需品であります。
だがまだいい方であります。
もっと田舎のところもあります。
今住んでいるところは歩いて5分のところにスーパーがあるが、山奥なら2、3時間かからないと食料品が買えないところもあります。
僕の高校時代の知り合いは、ひどい山奥に住んでいて、食料品は一日がかりで買い出しに行くそうであります。
たぶん小学校なども、歩いて1時間なんてざらではないですか。
田舎の賃貸物件は安いです。
しかし田舎暮らしに向いていない人は駄目であります。
もう一つ田舎暮らしに特徴があります。
それは高齢者が多いというところであります。
街を歩いていても高齢者が非常に多いです。
もし今読んでいるあなたが若い方だったら覚悟しておいた方がいいです。
田舎暮らしにあこがれている人は、田舎には高齢者が多いということを、肝に銘じておいた方がいいです。
散歩していても胸がときめくことが少ないです。
ただ、若者が多い田舎もあると思います。
大学のキャンパスが近くにあったり、何かの事情で若者が多い田舎もあります。
引越すならその地域の予備知識を仕入れておいた方がいいと思います。
よく大学は郊外に敷地を移すことがあります。
僕の住んでいるところの少し離れた所に大学のキャンパスがあります。
きっとすぐ近くは若者がたくさんいるだろうと想像しています。

Copyright (C)2017日本全国賃貸生活しやすい地域は?〜都心と田舎の違いについて〜.All rights reserved.