マンスリーマンションの良さ

僕は一度やってみたいのだが、東京のど真ん中に一年くらい住んでみたいです。
一年であります。
定住はしたくないです。
一年くらい東京のど真ん中の雰囲気を味わって、それからまた地方に戻りたいです。
こういう人は多いかもしれません。
大学で東京に進学する人は、こういう経験をします。
僕の場合東京の田舎の大学に通っていたので、こういう経験はしていないです。
東京なのにタヌキが出るという環境でありました。
一度東京のど真ん中で生活してみたいものです。
僕は高校も東京だったが、その時も都心から離れた、住宅街の街でありました。
そんな時にいい賃貸があります。
マンスリーマンションであります。
マンスリーマンションは、長期利用を主眼に置いた安ホテルであります。
長期契約なら、一泊3000円で寝泊まりできるのであります。
長期にすればするほど利用料金は安くなります。
マンスリーマンションのことをウィークリーマンションとも呼びます。
二つは名前が違うが、ほぼ同じものであります。
僕は観光で利用したことがあります。
どこかの遊園地に泊まりに行く時にこれを使いました。
感想は端的に言うと、一人暮らしをしているような感覚であります。
ホテルというよりは、アパートの一室という感じであります。
住み心地はいいです。
ただ少し狭く感じるが、清潔できれいな部屋でありました。
ただホテルと違って食事は出ません。
近くのコンビニなどでパンやおにぎりを買って過ごします。
近くにレストランがあればそこを利用してもいいでしょう。
一泊二日の時は料金は6000円くらいでありました。
連泊すればするほど安くなるが、30泊なら一日3000円くらいまで値が下がります。
お得であります。

注目の賃貸お勧め情報サイト

Copyright (C)2017日本全国賃貸生活しやすい地域は?〜都心と田舎の違いについて〜.All rights reserved.